← Return to the Dhrupad Society of Japan Webpage

English / 日本語

Dhrupad Camp 2018

Dhrupad vocal is the ultimate vocal art.
Would you like to experience its voice culture and the secret of improvisational expression?  
Deepening and polishing your own natural voice,
it will invite you to the field of subtle sound and improvisational universe of Ragas.
Dhrupad Camp is a retreat style workshop, led by Pt. Ritwik Sanyal,
senior master of North Indian Classical music, Dhrupad of Dagar tradition.
It is as if we travel in the universe of sound and visit the stars of Ragas on the Pt. Sanyal's spaceship for 2 nights and 3 days.

  Special Concert 『Sacred Voice』  

Monday (Holiday), 24th September Open: 17:30 Start: 18:00
Seigan-ji temple
(453 Sakurano-cho, Shinkyougoku, Nakagyo-ku, Kyoto)

  Basic Course  

Beginners welcome
Saturday to Monday (Holiday), September 22~24th@ Kyoto Toko Kaikan (Nakagyo-ku, Kyoto)

  Advanced Course  

Only for students of Indian classical music
Tuesday to Thursday, September 25~27th@ Banja & Goemon (Shimokumada-cho, Keihoku, Ukyo-ku, Kyoto)

Artist Profie

“ドゥルパドとは単にある特定の音楽ジャンルであるだけではなく、
普遍的な音の表現であり、永遠なるものへと至るための美しく終わりなき旅です。
この道において、音を人生の一つとして楽しみながら、
常に自己の存在や精神性を高めていくのです。
それは、私たち人類をさらなる高みへと誘う、宇宙への祈りでもあります。
この『音の領域』への終わりない旅へと一緒に出かけましょう。”
   Pt. Ritwik Sanyal

Pt. Ritwik Sanyal

北インド古典音楽ドゥルパド様式声楽家。現ダーガル流派最長老。
国立ベナレス・ヒンドゥー大学上演芸術学部名誉教授。
1963年より、ドゥルパドのダーガル流派の巨匠故Ud.ジア・モヒウッディーン・ダーガルおよびUd.ジア・ファリードウッディーン・ダーガルにドゥルパド声楽を師事。以来、ドゥルパド様式の伝承継承に広く貢献する。
声楽家であるだけでなく、作曲家・音楽学学者・執筆者として幅広く活躍しており、インド国内のみならず世界的にも高い評価を 得ている。
CDリリース、著作多数。

"Music for Self-Realization" 字幕:Yuki Taniguchi

Tetsuya Kaneko (Pakhawaj player)

Tetsuya Kaneko is a player of the most ancient percussion called 'Pakhawaj' in India.  Pakhawaj is played with Dhrupad, the oldest style of North Indian classical music. He started to learn it since 2000 under the great pakhawaj player late Pt. Srikant Mishra who played with almost all of musicians of Dhrupad in his life. Tetsuya has played pakhawaj as a solo player and an accompanist every year since 2002 at Dhrupad Mela, the biggest festival of Dhrupad in Varanasi, India and then he was awarded Gold medal in 2004. Now he performs in all of India with great Dhrupad musicians. In Japan, he plays actively as the only pakhawaj player and try always to play with the musicians of all kinds of genre.

http://pakhawaj.blogspot.jp/

ドゥルパドとは

ドゥルパドとは、北インドの古典音楽の一様式です。

 インドの古典音楽は大別すると南のカルナータカ体系、北のヒンドゥスタニ体系の二つからなります。ドゥルパドは数種類ある他の北インド様式の母体となるもので、進化し続ける生きた古典音楽様式としては南北インドを通じて一番古いものです。 南インドのカルナータカ音楽も起源が古いと言われていますが、一度廃れてしまったあとで18世紀にティヤーガラージャが文献から掘り起こしたものなので、継続的という意味ではドゥルパドが断然古いといえます。

 ドゥルパドは三種のヨーガを土台としているため、その瞑想的なスタイルゆえにインドの一般民衆には受け入れられず、20世紀のインド独立にともなう藩王国制度廃止とともにマハラジャというパトロンを失って消滅の危機に瀕しました。しかしながら、一部の人々の揺るぎないサポートと、逆にその瞑想的なスタイルゆえに、先進国の精神世界を求める人々に再発見されたことで消滅の危機を免れました。

 現代はドゥルパドのリバイバルの時代であり、インドのみならず西欧諸国や日本などのアジアの国々でもドゥルパド愛好家やドゥルパドを学ぶ者が増えて参りました。その背景には世界中に拡がりを見せているヨーガブームもあります。ドゥルパドはいわば一番古くて一番新しい音楽、そして単にインドの民族音楽という枠には 収まらないユニバーサルな音楽なのです。

協賛・後援

~協賛~
不思議で面白いインドとアジアを伝えたい
tirakita.com